効果が期待できる美白成分

効果が期待できる美白成分

美白成分が含まれていることが美白美容液の欠かせない条件です。
美白成分というのは、具体的にエラグ酸やコウジ酸、ルシノール、プラセンタエキス、アルブチン、ビタミンC誘導体の6種類のことです。
ビタミンC誘導体は、肌の黒ずみを引き起こすメラニン色素を薄くする働きがあります。
アルブチンというのは、コケモモや洋なしなどに入っている成分で、化粧品会社の資生堂によって作られたもので、素晴らしい美白の効果が望めます。
プラセンタエキスには、新陳代謝を高まる効果があり、肌のサイクルが正常化します。
そして、メラニンを増殖させない作用や、生じてしまったメラニンを早く排出させる働きも行います。
ルシノールは頬にできる肝斑の治療に使われる成分で、ポーラ化粧品が生成しました。
美白効果が高いうえに、浸透力も高くなっていることが特性です。
コウジ酸は、シミの元になるメラニンが作られるのを防ぎ、既にできたメラニンを排出する働きもします。
デルメットで認知されている三省製薬が研究開発しました。
エラグ酸は、優秀な美白効果が期待できる成分で、ライオンが開発しました。
このような6つの成分のうちどれかが配合されているものが美白美容液と考えられています。
既に存在するメラニンを除去するもの、薄くする働きがあるもの、メラニンが作り出されるのを防ぐものに分類されます。
これらの美白美容液は全て、肌を明るくして白く輝かせる働きがありますが、それをかなえるやり方は違いが見られます。
自分自身の肌に負担を与えない美白美容液を見つけて使っていきましょう。